fbpx

ダイエット・美肌専門トータルヘルスケア

ダイエット・美肌専門
トータルヘルスケア

美肌

ホーム > 美肌 > ターンオーバー正常化が美肌への条件

美肌

2019年06月04日カテゴリー美肌

ターンオーバー正常化が美肌への条件

美肌を目指すにはターンオーバーの正常化がポイントになってきます。

ターンオーバーとはお肌の新陳代謝のことで、ターンオーバーが早すぎても遅すぎても、肌トラブルを起こしてしまします。

今回は、美肌を目指すに欠かせないターンオーバーのサイクルを正常にしていく方法について、ご説明していきます。

美肌,ターンオーバー

ターンオーバーとは?

まずは皮膚の構造についてです。皮膚は外層から表皮、真皮、皮下組織の三つの層でできています。

表皮(厚さ0.1~0.3mm)・・・内層から基底層、有きょく層 顆粒層 角層 の4つからなります。

基底層から細胞分裂し、平らになって積み重なり最後に角層をつくります。

そして最終的に垢となってはがれおちます。

この表皮を構成する細胞が生まれてから剥がれおちるまでの一連をターンオーバーといいます。

ターンオーバーより、一定のサイクルで表皮が新しいものに変えられていくことで、ホコリや菌から表皮を守るバリアとしての機能と、保湿としての機能が維持されています。

ターンオーバーは遅すぎても早すぎても肌トラブルを招きます。

その周期は、個人差はありますが、一般的にはおおよそ28日とされています。

その周期が遅いと古い角質が肌に残ってしまい、ターンオーバーが機能しなくなり、逆に早いとバリア機能が弱くなってしまうのです。

 

ターンオーバーが遅いことで起こる肌トラブル

落ちるはずだった老廃物が排出されずにたまっていき、肌がくすんできます。

またこのまま放置していると、たるみや肌のごわつきが起き、肌が固くなり乾燥しやすくなります。

ターンオーバーが遅れる原因のひとつに、加齢があります。

歳を重ねることにターンオーバーの周期が長くなってしまうのです。

 

ターンオーバーが早いことで起こる肌トラブル

ターンオーバーが早くなると、準備のできていない細胞が、お肌・皮膚の表面に出てくることになります。

細胞が、充分に育っていない状態で角質が肌を覆い、バリア機能が弱くなってしまうのです。

バリア機能が弱いと、敏感肌や肌荒れの原因になります。

この状態が長くつづくことで、お肌の過敏さが増幅され乾燥肌になり、シミ-・シワが発生しやすく、赤みや炎症ニキビなどのリスクが高まります。

 

ターンオーバーを乱す原因

ターンオーバーを乱す原因は、

・睡眠不足
・ストレスが多い
・栄養不足
・血行不良

などが考えられます。

普段から規則正しい生活を送り、適度な運動をしてストレスをためすぎないことが、ターンオーバーの正常化には必要です。

 

大阪府枚方市にあるダイエット・美肌専門 トータルヘルスケアがあなたをしっかりとサポートします。

この記事をシェアする
トータルヘルスケア「武田鍼灸整骨院併設」の口コミ・感想をもっと見る

ダイエットメニュー

ブログ

最新の記事