fbpx

ダイエット・美肌専門トータルヘルスケア

ダイエット・美肌専門
トータルヘルスケア

美肌

ホーム > 美肌 > 美肌の秘訣!クレンジング剤の選び方と正しいクレンジング方法

美肌

2019年07月17日カテゴリー美肌

美肌の秘訣!クレンジング剤の選び方と正しいクレンジング方法

あなたはどのようなクレンジング剤を使い、どんな方法でメイクアップを落としていますか?

正しいクレンジング剤選びとクレンジング法は、長時間つけていた油性のメイクアップをしっかり落として汚れを取り、きめ細やかな肌をキープするためにとても大切です。

この記事ではクレンジング剤の5つの種類と特徴、あなたに合ったクレンジング剤の選び方、そして正しいクレンジング方法のコツをご紹介します。

ぜひ参考にして、いつまでもトラブルのない美しい素肌を目指してくださいね。

 

知っておきたいクレンジング剤の5つのタイプ

クレンジング剤は、どのような成分でメイクを落とすかご存じでしょうか?

主な成分はこの2つです。

【クレンジング剤の主な2つの成分】

  • 油分
  • 界面活性剤

 

クレンジング剤をお肌に乗せると、まず油分が油性のお化粧を肌から浮き上がらせます。

そしてお水やお湯ですすぐときに、油分が水分を弾かないようなじませてくれるのが界面活性剤、肌への刺激が強い成分として知られています。

クレンジングのタイプはこの油分、界面活性剤、そして水分の配合量によって異なってきます。

クレンジング, 方法, 選び方

 

クレンジング剤の5つの種類と特徴

ここで代表な5つのクレンジング剤の種類と特徴についてみてみましょう。

ミルクタイプ

ミルクタイプは、水分が多く肌に最も優しいので敏感肌の女性に人気があります。

しかし界面活性剤が少ない分クレンジング力が弱いので、しっかりメイクの方には物足りないでしょう。

パウダーファンデーションと少しのポイントメイク、という薄めのお化粧の方におすすめです。

 

クリームタイプ

クリームタイプは、肌への優しさがありながらクレンジング力も優れています。

その理由は油分、界面活性剤と水分がほどよくバランスされているからです。

メイクをしっかり浮かして落とす、適度に固さのあるクリームを選ぶのがおすすめ。

 

ジェルタイプ

ジェルタイプは、ベタベタ、ヌルヌルしないので使い心地がよく人気があります。

ジェルタイプには2つの種類があり、肌へのダメージ度が変わるので購入の際はチェックしましょう。

【ジェルタイプクレンジング剤の2つの種類】

  • 乳白色のタイプ

クリームのような乳白色のタイプは、刺激が少ないのでおすすめです。

  • 透明のタイプ

乳化していない透明のタイプは、界面活性剤がたくさん含まれていて肌へのダメージが大です。

 

オイルタイプ

オイルタイプは、スルッとお化粧が落ちるイメージがあるのでしっかりメイクの女性に人気です。

でもきっちりメイクが落とせる理由は、界面活性剤が多いから。

年齢を重ねてバリア機能が低下した肌や敏感肌には刺激が強いでしょう。

 

シートタイプ

シートタイプは、さっと取り出せて簡単に使えるのがとても便利です。

ほかのタイプのように油分でメイクを浮かせて取るのではなく、界面活性剤の洗浄力のみを使ってお化粧を落とすのが特徴です。

この方法は、肌への刺激がとても大きいのがデメリット。

またシートで肌をこするので傷がつきやすく、ダメージや肌荒れの原因になる可能性もあります。

クレンジング, 方法, 選び方

 

あなたにあったクレンジング剤の選び方とおすすめタイプ

では次に、あなたにピッタリのタイプを見つけるコツをご紹介しましょう。

それは下の2つの表を参考に、あなたのお肌の敏感さとメイクの濃さから最適なタイプを選ぶ方法です。

上でご紹介した5つのクレンジング剤、実は肌への刺激の強さの順番になっています。

 

【クレンジング剤の肌への刺激度】

弱  ミルクタイプ

↓  クリームタイプ

↓  ジェルタイプ

↓  オイルタイプ

強  シートタイプ

またクレンジング力が強いベスト3はこのようになります。

 

【クレンジング剤の洗浄力トップ3】

  1. オイルタイプ
  2. クリームタイプ
  3. ジェルタイプ

 

この2つの表から、一般的にお肌への優しさと洗浄力のバランスが最もよいおすすめタイプは

 

【肌への優しさとクレンジング力の総合おすすめ1位】

  • クリームタイプ

です。

また、毎日使いにはクリームタイプを使い、しっかりメイクの日はオイルを使う、と使い分けるのもおすすめです。

 

正しいクレンジング法はこれ!美肌になれる6つのステップ

では最後に、メイクをしっかり落としながらお肌に負担をできるだけかけないクレンジング方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

あなたはやってない?クレンジングのNG編

まずやってしまいがちなクレンジングの間違いポイントはこちら、あなたは大丈夫ですか?

【クレンジングの間違いポイント】

☑NG クレンジング剤の量が少なすぎる
☑NG ゴシゴシこする
☑NG クレンジングに1分以上かかる
☑NG 熱いお湯や冷たいお水ですすぐ

どうしてこれらはダメなのかを詳しくみてみましょう。

まずクレンジング剤が少ないと、肌になじませるときに指がこすれて刺激になってしまいます。

そして量が少なくてお化粧がしっかり落ちないと肌の酸化により、くすみや毛穴の黒ずみの原因に。

またクレンジング剤をつけてゴシゴシこすると、角質層に傷がついて肌荒れ、乾燥やシワの原因になってしまいます。

時間も1分以上かけると、お肌のうるおいがどんどん奪われて、お肌にダメージを与えてしまうんです。

そして熱いお湯はお肌の乾燥を招き、冷水では油分が固まって汚れがきっちり落とせません。

では次に正しいクレンジングの方法を具体的にご紹介しますね。

 

きれいな素肌を目指して!正しいクレンジング方法

  1. ウォータープルーフのマスカラを使っている場合は、コットンにポイントメイクリムーバーをとって、目の上に10秒ほどおき、優しくクレンジングします。ポイントメイクリムーバーは界面活性剤が多く含まれているので、ゴシゴシこすらず優しくふき取りましょう。
  2. クレンジング剤は少なくても多すぎてもよくないので、説明書をよく読んで適量を手に取りましょう。適量を次の3と4の2回に分けて使います。
  3. 最初は額から鼻のTゾーンにクレンジング剤をのせ、指の腹でメイクとなじませます。Tゾーンは顔の中でも皮膚が刺激に強いので、頬ではなくTゾーンを1番目にしましょう。
  4. クレンジング剤の残りを手にとり、頬を含めたUゾーンにのせてメイクとなじませます。力は入れすぎず、卵を割らない程度の力で優しく。
  5. 最後に皮膚が薄くて敏感な口元と目元にもやさしくなじませ、汚れが残りやすい小鼻や唇の下も忘れずに指でクルクルしながら汚れを浮かせましょう。
  6. すすぎは人肌程度のぬるま湯で手早く流します。少々クレンジング剤が残っていても次の洗顔で落ちるので大丈夫!

 

ポイントはお肌へのダメージを最小限にするために、2~6までを1分以内を目安に行うことです。

クレンジング, 方法, 選び方

 

優しくきっちりメイクを落として素肌美人になろう

毎日行うクレンジングはつい自己流になってしまいます。

そのため気づかない間にお肌を傷めていたり、メイクがしっかり落ちなくて肌のくすみや毛穴のつまりの原因になっていることも。

ここで一度クレンジング剤は本当に合ったタイプを使っているのか、クレンジング方法でダメージを与えていないかを見直してはいかがでしょうか?

クレンジングが正しくできていれば汚れがスッキリとれて肌が健やかに保たれ、自信のもてる素肌になれること間違いなしです!

関連記事

 

大阪府枚方市にあるダイエット・美肌専門 トータルヘルスケアがあなたをしっかりとサポートします。

この記事をシェアする
トータルヘルスケア「武田鍼灸整骨院併設」の口コミ・感想をもっと見る

ダイエットメニュー

ブログ

最新の記事