fbpx

ダイエット・美肌専門トータルヘルスケア

ダイエット・美肌専門
トータルヘルスケア

ダイエット

ホーム > ダイエット > 美脚 > 【ふくらはぎ】を細くみせて美脚になるダイエットの方法

ダイエット

2019年09月19日カテゴリーダイエット, 美脚

【ふくらはぎ】を細くみせて美脚になるダイエットの方法

長いスカートから形のいい美脚が見え隠れすれば、脚全体がスッキリしている印象になるのに、この太いふくらはぎがコンプレックスなんです!

この太い足をスリムな美脚に見せたいけど、なにかいい方法はある?

そんなお悩みをもつ女性に、足首とふくらはぎを細くするための4つのダイエットの方法をご紹介します。

 

ふくらはぎコンプレックスを隠して美脚に見せる、着こなしのコツ

最初に、足首とふくらはぎが太くなってしまう3つの習慣やくせをみてみましょう。

あなたは心当たりがありませんか?

 

指先がサンダルからはみ出すはき方

サンダルをはいたときに、足指が先からにゅっとはみ出して地面につきそうになっていませんか?

サンダルのヒールが高すぎたり、サイズが大きいと足がすべって足の指が前にはみ出てしまいます。

そうすると歩くときに足の指で踏ん張れなくなり、正しい歩き方ができません。

このような歩き方を続けると、ふくらはぎに力が入りパンパンに太くなってしまいます。

サンダルは足指が出ないサイズを選び、すべり止めのインソールなどで指先が飛び出ないようにしてみましょう。

ダイエット,美脚,ふくらはぎ, 方法

ソファの上で足をハの字になる座り方

あー疲れた!と家に帰ってソファにのっかり、膝を立てて内側どうしをくっつけ、足をハの字に開いてスマホを見たりリラックスしていませんか?

足をハの字に開く座り方は、股関節がねじれる悪い姿勢です。

長時間このような姿勢で座っていると下半身の血行が悪くなり、ふくらはぎや足首がむくんで太くなってしまいます。

座るときは膝の内側どうしをくっつけないようにし、膝とつま先の向きを正面にそろえるくせをつけましょう。

胸が前にせり出した座り方

デスクワークのとき、姿勢をよくしようとして胸を前に出しすぎていませんか?

ろっ骨が骨盤より前にせり出している座り方は実は悪い座り方です。

このようにろっ骨を前に出して背中をそらして長時間座っていると、骨盤が歪んで内臓が下がり、足のむくみや腰痛の原因になってしまいます。

また胸が前に出るとどうしても足を後ろに引く姿勢になり、足を引いた姿勢がくせになると、足首がむくみやすくなってしまいます。

正しく座るには、頭が天井から吊り下げられてるようにすっと背筋を伸ばし、お腹に力を入れて下腹部を引き上げましょう。

そしてかかとが膝より前に出るように座れば、楽によい姿勢を長時間保つことができます。

 

ふくらはぎを細く見せて美脚になる4つの秘訣

ではふくらはぎを細くする4つの方法をご紹介しますので、ぜひ実践してくださいね。

 

美脚を目指す立ち方と歩き方

美脚の基本は足指を使った立ち方と歩き方です。

美脚にになるには、足の指をしっかり使った立ち方と歩き方をマスターしましょう。

なぜなら足の指を使うことで足裏が鍛えられ、土踏まずの上にきれいなアーチができるからです。

アーチが鍛えられると外反母趾や偏平足が改善され、ふくらはぎや足首のむくみやゆがみを解消して美脚になれるというわけです。

足の指を使った立ち方

まず両親指の先を床につけ、親指の付け根を上げて踏ん張ってみましょう。

ほかの4本の指は丸めずにできるだけ伸ばし、指全体をギュッと床につけるように踏ん張ります。

基本の立ち方ができたら、歩いてみましょう。

ふくらはぎが細くなる歩き方

約15cmの歩幅が骨盤の歪まない距離なので意識してくださいね。

足の甲をしっかり伸ばし、つま先とかかとが同時に着地するようにします。

足の延長上に骨盤と肋骨がのっている感じで着地できればOK!

ダイエット,美脚,ふくらはぎ, 方法

 

美脚エクササイズはながら運動でOK!

ふくらはぎや足首を細くするためにエクササイズも効果的ですが、ジムに通って激しい運動をする必要はありません。

家でできる、ながら運動でも続ければ効果が表れますよ。

【かかとの上げ下げでふくらはぎを細く】

キッチンや椅子に手をかけてつま先を開きます。

6秒かけてかかとを高くに引き上げ、お腹も引き上げへこませます。

3秒かけて下に戻ります。

5回で1セット、1日1~2セット行いましょう。

ポイントは、かかとを上げたときに前のめりにならない点です。

【足の疲労物質を排出してスッキリ脚に】

ゴルフボールを1つ用意します。

ゴルフボールを足の裏において体重をかけ、片足3分以上ゴロゴロします。

テレビを見ながらなどでよいので、1日1回以上行いましょう。

もちろん専門的なマッサージを受けるのも効果的です。

ただし解剖学等、医学的知識のある機関での施術をおすすめします。

コリをほぐして疲労物質を流し、足の裏にあるむくみをとるツボを刺激しましょう。

ダイエット,美脚,ふくらはぎ, 方法

【足指のストレッチでしなやかで柔らかい関節に】

椅子やソファに座り、かかとをつけたまま片足の指をグーをするように曲げます。

指の下に出るこぶしの部分を床につけて甲を伸ばし、30秒キープしましょう。

反対の足も行います。

ポイントは関節ではなく、足の指の下に出るこぶしを床につけてストレッチする点です。

そのとき足首と足はまっすぐにし、内またや足首が曲がらないようにしましょう。

ダイエット,美脚,ふくらはぎ, 方法

 

ふくらはぎと足首をスリムにする3つのグッズ

美脚になるための効果的なアイテムを3つご紹介します。

バランスサンダル

別名ダイエットスリッパとも呼ばれ、履いて家事など日常生活を行うだけでふくらはぎを刺激し、脚痩せができるというグッズです。

いろいろなタイプがありますが、最近人気があるのはソールの部分が曲線をえがいているタイプです。

まるでバランスボールのように不安定な状態で立つことになるので、まっすぐ立っているだけでふくらはぎの筋肉を刺激します。

ふくらはぎの引き締めだけでなく、代謝が上がり身体全体のダイエット効果が期待できますよ。

美脚ストッキング

見た目は普通のストッキングと変わりませんが、足首、ふくらはぎ、太ももに圧をかけ、はくだけで引き締め効果があるストッキングです。

筋肉を刺激するのでリンパの流れがよくなり、夕方のつらいむくみの防止効果もあります。

最初は着圧感が気になるかもしれませんが、毎日はいているうちに圧が気持ちよく感じてきますよ。

ただ普通のストッキングより電線しやすいので、ストッキングをたくし上げて爪を立てず、ゆっくりはくことがコツです。

ダイエット,美脚,ふくらはぎ, 方法

免震(めんしん)インソール

免振インソールは、足指に力が入りやすくなると評判の靴の中敷きです。

人工の筋肉素材が使われていてほどよい厚みがあり、かかとに与える地面の硬さや衝撃を和らげてくれる働きがあります。

ふくらはぎに余計な力が入らなくなり、長時間歩いても疲れにくくなると評判です。

また表面のボコボコがツボ押し効果も発揮し、足首やふくらはぎのむくみ防止にもおすすめです。

 

コンプレックスの下半身を美脚に見せるテクニック

最後にO脚、ふくらはぎが太い、足首が太いといったコンプレックスを速攻で解消する着こなしテクニックをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【ふくらはぎの悩みを解消するコーディネートの秘訣】

  1. 足の弱点をカバーするスカート丈を見つける
  2. サッシュベルトを使う
  3. ポインテッドトウ、チャンキーヒール、フラットシューズなど流行を取り入れながら脚長効果を出す

悩み別にもう少し具体的にみていきますね。

 

O脚を美脚にみせるテクニック

ひざ丈のスカートはO脚を強調するので避けましょう。

O脚が目立たない、ふくらはぎの中間くらいの丈に3~5cmのチャンキーヒールがおすすめです。

サッシュベルトという柔らかい素材でできた太めのベルトでウエストの位置を高く見せ、脚長効果を出しましょう。

太いふくらはぎを美脚にみせるテクニック

ふくらはぎを強調する高すぎるヒール、長さがふくらはぎの一番太いところのスカートはNGです。

気になるふくらはぎを全部隠して細い足首だけが出るスカート丈に、フラットシューズがおすすめ。

太い足首を美脚にみせるテクニック

足首だけ見せるコーデや、ぺったんこ靴は足首をさらに太く見せてしまいます。

ひざ下丈のスカートに、7~8cmくらいのヒールがあるポインテッドトウが黄金バランス。

 

ふくらはぎと足首を細くして美脚になろう!

足首やふくらはぎが太くなる大きな原因は、偏平足、つま先が浮いている浮き指、外反母趾などで指を踏ん張っていないことです。

そのため足首、すねやふくらはぎに力が入り、余分な筋肉や脂肪がついてしまいます。

この記事でご紹介した方法で足の指をもっと使い、同時に疲労がたまらないようにしてスッキリした膝下を手に入れてくださいね。

また悩みにあったスカートと靴の選び方も「美脚見せ」にとても効果的です。

美脚になるには、まずは足裏や足の指から見直す必要がありますので、ぜひご相談くださいね。

 

大阪府枚方市にあるダイエット・美肌専門 トータルヘルスケアがあなたをしっかりとサポートします。

この記事をシェアする
トータルヘルスケア「武田鍼灸整骨院併設」の口コミ・感想をもっと見る

ダイエットメニュー

ブログ

最新の記事