fbpx

ダイエット・美肌専門トータルヘルスケア

ダイエット・美肌専門
トータルヘルスケア

ダイエット

ホーム > ダイエット > ダイエットの効果を上げたければ食材にシイタケを使おう

ダイエット

2019年06月11日カテゴリーダイエット

ダイエットの効果を上げたければ食材にシイタケを使おう

シイタケを含めたキノコ類は、健康増進に役立つ食べ物として捉えられているほか、漢方では薬用にも使われたりと、昔からその機能性が注目されてきた、健康におすすめの食材です。

特にシイタケには、骨粗鬆症防止のために必要なカルシウムの吸収を助けるビタミンDの前駆体が豊富に含まれていることに加え、強い抗腫瘍性を有しているとも言われています。

ただ意外にも知られていないのが、シイタケのダイエット効果です。

この記事では、シイタケの素晴らしい栄養価と健康効果、そしてダイエットの効果についてご案内いたします。

ダイエット,効果,食材,おすすめ

シイタケの栄養にある健康効果

シイタケには、糖質の代謝を助けるビタミンB1や脂肪の燃焼・疲労回復ビタミンと言われるビタミンB2を多く含むみます。

また水溶性食物繊維であるβーグルカンをはじめ、食欲抑制効果のある食物繊維も多く含まれています。

脂質が少なく食物繊維が豊富なシイタケは、実はダイエットにうってつけの食品なのです。

 

シイタケのダイエット効果

βーグルカンはβーグルコースが鎖状に繋がった物質です。

鎖状に繋がっているため、水に溶けやすい構造をしており、水溶性食物繊維に部類されます。

同じ様な物質にセルロースがありますが、こちらはβーグルコースが網目状に繋がった構造をしているため、水に溶けにくく、不溶性食物繊維になります。

水溶性食物繊維は、水に溶けるとその独特なネバネバ感による高い粘性を発揮し、小腸での栄養素の吸収を緩やかにすることで血糖値の上昇を抑える役目を果たします。

βーグルカンに関しては、さらに食欲抑制ホルモンの分泌を促進する作用が、オーツ麦を用いた研究によって明らかにされています。

 

シイタケの血糖降下作用

実際にシイタケを使った肥満予防研究も行われています。

18匹のマウスを用いたシイタケの肥満予防実験では、肥満マウスに30日間シイタケを与え続けたところ、体重抑制効果は見られませんでした。

しかし総コレステロール値の低下をはじめ、肝機能障害の数値低下や血糖降下作用、脂肪酸の酸化防止作用といった、肥満によって引き起こされる数々の異常値を低下させる作用が見られたと報告されています。

 

天日干しシイタケは10倍の栄養価値

こうして見ると、シイタケにはがん予防や骨粗鬆症予防だけでなく、肥満予防にも大きな効果が期待できそうです。

また天日で干したシイタケは、生シイタケより栄養価が高いのですが、最近は、機械で乾燥させているものが殆どで、これでは栄養価も差がありません。

ダイエット,効果,食材,

天気が良く乾燥した日に、しいたけをざるに並べて半日ほど日光にあてるだけで、栄養素が凝縮され、生シイタケの10倍の栄養価になります。

免疫力アップ、生活習慣病予防、骨粗鬆症予防、美容効果、ダイエット効果となれば、今晩のおかずは決まりですね!

 

大阪府枚方市にあるダイエット・美肌専門 トータルヘルスケアがあなたをしっかりとサポートします。

この記事をシェアする
トータルヘルスケア「武田鍼灸整骨院併設」の口コミ・感想をもっと見る

ダイエットメニュー

ブログ

最新の記事