fbpx

ダイエット・美肌専門トータルヘルスケア

ダイエット・美肌専門
トータルヘルスケア

ダイエット

ホーム > ダイエット > 【チートデイの正しいやり方】でダイエット中の停滞期を脱出する

ダイエット

2019年04月14日カテゴリーダイエット

【チートデイの正しいやり方】でダイエット中の停滞期を脱出する

ダイエットをしても食事制限がつらくて続かない。

結局ドカ食いをしてそのままリバウンドしてしまう。

停滞期が長く、ダイエットの成果が出ない。

そんなダイエットの悩みがあるなら、チートデイを実践するといいかもしれません。

チートデイとはダイエット中に好きな食べ物を好きなだけ食べる日のことで、減量を成功させるためにとても効果的です。

この記事では、どうして体をだますことがダイエットに有効なのか、そして具体的なチートデイやり方をご紹介します。

停滞期が脱出できず、なかなか体重が減らないという方も、正しいチートデイのやり方を理解してスリムな体を手に入れましょう!

ダイエット,チートデイ, やり方, 停滞期,

 

チートデイのチートの意味とは?

ところでチートデイのチートの意味は、ご存知でしょうか?
 
そもそも英語の「cheat」が語源になっています。
 
チートの本来は、ズルや不正をするといった意味を持つ言葉ですが、日本でチートという場合は、少し意味合いが多少異なっていることが多いようです。

「cheat」や「cheating」という英語を日本語訳すれば、カンニングという言葉に該当します。

 
そうです、テストでズルをするカンニングです。
 
ダイエットにおけるチートデイとは、ダイエットをしているのに、食べたいものをたくさん食べるズルい日、といった意味を指します。
 
頑張っても痩せない停滞期に入った時に、体を騙してダイエットの効果を促進するやり方です。
 
まさに押してダメなら引いてみな、というダイエットの裏技的なテクニックの一つなのです。
 

チートデイは糖質制限ダイエットにおすすめする訳

実は数あるダイエットの中でも、糖質制限ダイエットこそこのチートデイが有効なのです。

そもそも身体は常にエネルギーを必要としています。

そのエネルギーとして一番に使われる栄養素が糖質(炭水化物)なのです。

この即戦力エネルギーが、糖質制限により体に無い状態を作ることが糖質制限ダイエットです。

このエネルギーが無い状態が続くと、身体は生命の危険を感じて栄養分を蓄えようとします。

それが停滞期につながるわけですから、一時的に大量の糖質を与えることで身体を安心させ騙すことがチートデイな訳です。

ですから、糖質が常にあるような通常のダイエットでは効果は期待できません。

むしろ、ただの大食い日となってしまい、進んでいたダイエット効果を失う危険もある訳です。

特に望ましいのは、糖質を一日20g以下に抑えるスーパー糖質制限ダイエットにこそ効果があると言えます。

糖質制限ダイエットについてはこちらで詳しく説明しておりますのでご参考になればと思います。

関連記事

 

チートデイが糖質制限ダイエットに効果がある理由

さて極限の低糖質状態で、大量の糖分を摂取するという裏技的なチートデイですが、なぜダイエットに効果があるのか、2つの理由をみていきましょう。

カロリー摂取で逆に脂肪燃焼の働きをアップ

ダイエット中は、炭水化物、糖質やカロリーの摂取を抑えますよね。

これを一定期間続けると体は、摂取カロリーより消費カロリーの方が多いぞ!と察知します。

そうすると恒常性(ホメオスタシス)が働いて、これ以上消費カロリーが摂取カロリーを下回らないように、脂肪燃焼のための機能(メタボリズム)を低下させてしまうんです。

その結果ダイエット中の停滞期がおとずれたり、体重の減り方がゆっくりになってしまいます。

そこでチートデイを挟んで「十分なカロリーを摂取しているよ」と身体をだますことで脂肪燃焼の働きをアップさせられます。

心を開放してダイエット中の精神的支えになる

またチートデイは、精神的にもダイエットに有効です。

なぜなら、ダイエット中好きなものを食べるのを我慢しているとストレスがたまってきます。

食べたい!というストレスはダイエットを続けるモチベーションの大敵です。

そこで好きな食べ物を好きなだけ食べる日を設けることで、ダイエット生活にメリハリを作ります。

チートデイのために頑張ろうという気持ちが起こるので、挫折やモチベーションの低下を防いでくれますよ。

ダイエット,チートデイ, やり方, 停滞期,

 

チートデイの頻度とおすすめのやり方、カロリーの目安は?

では実際にどのようにチートデイを行えばいいのか、おすすめのやり方を具体的にご紹介しますね。

チートデイの頻度は1週間~10日に1日の間隔が効果あり

カリスマトレーナーのAYAさんは、1週間に1~2日チートデイを設けていますが、彼女は普段の食事がとてもストイック。

一般的な女性なら、チートデイは1週間から10日に1日が効果があるようです。

ただし、この頻度は個人差があり、1ヵ月に一回のほうが効果があるといった方もいるようです。

こればかりは実践してみないと分からない部分もあり、1週間に1回のチートデイでは自分に甘えが出てきて、逆にダイエットの失敗を招く恐れもある事を、覚えておいてくださいね。

チートデイのカロリー目安は?

基本的にチートデイには、上限カロリーはありません!食べたいものを好きなだけ食べましょう。

とはいってもダイエット中にたくさん食べ過ぎると、後悔するかもしれないですよね。

それを防ぐには、加工があまりされていない食品を選びましょう。

ダイエット,やり方, 停滞期, チートデイ

例えばジャンクフードを食べる代わりに自宅で手作り、個人営業のレストランやカフェ、パン屋さんで買うようにすると、満足感がありながら体にやさしいのでおすすめです。

  • コーラやサイダー→100%オレンジジュースやリンゴジュース
  • ポテトチップス→自家製ポテトフライ
  • マクドナルドハンバーガー→レストランやカフェの手作りバーガー
  • 宅配ピザ→パン屋さんの総菜パンや菓子パン
  • コンビニのスイーツ→町のお店の手作りスイーツ

チートデイ翌日の状態

チートデイを実施した翌日は、もちろん体重は増えています。

1kg前後増えていなければ、もう一日実施することも考慮しなければなりません。

ですから、増えたから失敗したとは決して思わないでくださいね。

それは失敗ではなくて成功したという事です。

 

ダイエット中の食事にチートデイを取り入れて停滞期を脱出

ダイエット中、停滞期で体重が減らなかったり、スイーツや炭水化物が食べたくなったら本当につらいですよね。

特に長期でダイエットを考えて実践しているなら、この方法はおすすめです。

ぜひ週に1度のチートデイを取り入れて、心も体も健康に減量を成功させてください。

 

大阪府枚方市にあるダイエット・美肌専門 トータルヘルスケアがあなたをしっかりとサポートします。

この記事をシェアする
トータルヘルスケア「武田鍼灸整骨院併設」の口コミ・感想をもっと見る

ダイエットメニュー

ブログ

最新の記事