fbpx

ダイエット・美肌専門トータルヘルスケア

ダイエット・美肌専門
トータルヘルスケア

ダイエット

ホーム > ダイエット > ダイエット中の1日の食事回数は何回が痩せる?

ダイエット

2019年06月10日カテゴリーダイエット

ダイエット中の1日の食事回数は何回が痩せる?

TVである有名な女優さんが、産後ダイエットのために少量の食事を5回から6回に分けて摂って、すぐに妊娠前の体型に戻ったという話を聞いたことがあります。

しっかりとカロリー不足の状態を作れていれば、食事は3食でもいいような気がしますが、細かく食べる理由が何かあるのでしょうか。

また同じカロリー量で、1日1食にして食べた場合と、1日5食にして食べた場合では、どちらがより痩せることができるのか興味がありませんか?

今日はダイエットにおける食事回数についてご案内したいと思います。

食事,痩せる,ダイエット

 

1日の食事回数でダイエット効果は違うのか

例えば1日に食べる食事の総カロリーを1000kcaとしましょう。

1回の食事で1000kcalを食べた場合と、200kcalずつ5回に分けて食べた場合で、どちらでも痩せるのかですよね?

消費カロリーよりも摂取カロリーの方が下回ってさえいれば、食事回数に限らずにダイエットは進んでいきます。

ですから、どちらを選んでも「痩せる」という結果は変わりません。

しかし、どちらがより痩せやすいかという問いであれば、200kcalずつ5回に分けて食べた方が痩せやすくなります。

 

1日5食にする方が痩せる理由

内臓を働かせる

食事を細かく分けると代謝が高い状態が続く理由は大きく2つあって、ひとつは食事を消化するためのカロリーを稼げるということです。

5回も内臓を働かせるわけですから、その分カロリーが消費されるという理由です。

3時間から4時間置きに食事を摂っていると、消化し終わって少し経ったくらいでまたすぐに次の食事を摂る形になります。

結果、消化に使っている時間が長くなり、消化に使用されるカロリーが大きくなる訳です。

 

筋肉量を維持する

もうひとつの理由は筋肉量の維持にあります。

人間はたんぱく質を体内で貯蓄することができず、食事から吸収されたたんぱく質は3時間から4時間で全て使われてしまいます。

しかし身体は、たんぱく質を分解して得られるアミノ酸を常に必要としていますので、食事で摂ったたんぱく質がなくなると、筋肉を分解してアミノ酸を作ります。

筋肉は、人間の身体の中でも大きなカロリーを使ってくれる器官ですので、筋肉量が減れば減るだけ代謝は落ちていきます。

そこで3時間から4時間おきにたんぱく質を摂取してあげると、筋肉の分解を防いで代謝をキープしてくれるのです。

1日5食を食べるというと大変そうに聞こえますが、そのうちの2食はたんぱく質中心にすればこのダイエット方法は効果的なのです。

 

1日5食は健康にも良い効果

近年では、意識すれば簡単に会社や学校などの出先でもたんぱく質を摂取できる食べ物として、ソイジョイなどが売ってますよね。

またプロテインなどの飲み物も手軽に飲めるようになってきました。

1日5食の秘密は、たんぱく質をこまめに摂る事だったのですね。

ですから、たんぱく質を補充しながら筋肉量を増やすための軽いトレーニングを取れいれると、さらにダイエットは加速していくでしょう。

また血糖値を気にする方にも、この1日5食の方法をおすすめします。

なぜならば回数をこまめにすることで、血糖値を急上昇させることを防げるからです。

ただし胃腸には負担がかかる場合もあります。

3食が合うのか、5食が合うのかは個人の体質により違います。

ご自分の体に合った方法で、ダイエットは計画的に実施しなければいけない事を覚えておいてくださいね。

 

大阪府枚方市にあるダイエット・美肌専門 トータルヘルスケアがあなたをしっかりとサポートします。

この記事をシェアする
トータルヘルスケア「武田鍼灸整骨院併設」の口コミ・感想をもっと見る

ダイエットメニュー

ブログ

最新の記事