fbpx

ダイエット・美肌専門トータルヘルスケア

ダイエット・美肌専門
トータルヘルスケア

ダイエット

ホーム > ダイエット > ダイエット中の食事で一番食べていいのは昼食である理由

ダイエット

2019年09月28日カテゴリーダイエット

ダイエット中の食事で一番食べていいのは昼食である理由

ダイエットの食事のとり方で、より効果的な方法をご存知でしょうか?

ダイエットは、まず時間帯ごとの食事メニューの管理から始めましょう。

ダイエットは、何をどれだけ食べているかが最も重要となりますが、実際のところ一日のカロリーの総量をコントロールすることはなかなか難しいです。

ですから、朝・昼・晩の食事に対して、どのように考えているかを整理しておくことで、徐々に生活を変え、無理なくダイエットを行うことが出来ます。

ダイエット,食事,昼食

 

ダイエット中、朝、昼、晩の太りにくい食事のとり方

朝食を食べて体温を上げる

ダイエットの為になるべく朝食を食べないようにしてる人もいるかもしれませんが、朝食は食べた方が、ダイエット効果が高い場合もございます。

なぜなら、朝食を食べると1日を通して体温が上昇し、カロリー消費しやすい身体になるからです。

朝食を取らないどころか、休日はお昼前まで寝ていて、昼食を朝昼の2食分ドカ食いする・・・

間違いなく太りますよね。

 

一番好きなものを食べられるのは昼食

ダイエット中の食事において、1番好きなものを食べても良い、と考えられるのは昼食です。

それは、消化に使われる消化酵素の活動が、11時から19時くらいまでが1番活発だからです。

しかし帰宅が遅くなりがちな人は、この時間帯に食事を終わらせるのは、難しい方もいらっしゃいます。

ですから、カロリーが高いメニューで食べたいものがある場合、なるべく昼食に食べるようにしましょう。

 

夕食はダイエットメニュー

夕食には、質の良いタンパク質と、野菜中心の食物繊維がおすすめです。

タンパク質は、主に筋肉を作るのに役立ち、食物繊維は消化を緩やかにします。

できれば、魚や大豆からをタンパク質を摂り、肉なら鶏肉(ササミ)などの脂の少ないものにします。

また、サラダなどの食物繊維と共にゆっくり食べることで血糖値の急上昇を防ぐことができます。

夕食後は、特にエネルギーを必要とすることもありませんので、糖質には要注意です!

間違っても、食後のデザートには、手を出さないようにして下さい。

「デザートは別腹」というのは、嘘に決まっていますよ(笑)

 

生活習慣と体質を意識した食事でダイエット

やはり、食事で最も気を付けなければならないのは、食後には寝るだけの時間帯です。

夜勤のお仕事をされている方は、もちろん対象外です。

寝る前の食事を、きっちりと制限するだけでも、長期的なダイエットであれば成功します。

しかし問題はあなたの体質です。

体質により、制限すべき栄養素や生活習慣などを見直すことが重要になってくるのです。

効果的なダイエットを継続する方法として、自分の体質を知ることは大切なのです。

関連記事

 

大阪府枚方市にあるダイエット・美肌専門 トータルヘルスケアがあなたをしっかりとサポートします。

この記事をシェアする
トータルヘルスケア「武田鍼灸整骨院併設」の口コミ・感想をもっと見る

ダイエットメニュー

ブログ

最新の記事